『RE:do』のbandcamp公開

On 2015/03/15, in Music, Text, by 8 to 7

2013M3秋でひっそりと頒布したブツを、bandcampで配信します。


2013年10月当時に頒布済みだったCDの表題曲だとか、未公開のもの、学生時代に作った愛好会のCDに収録したものをまとめたものです。


当時のmixやマスタリングそのままですので、ちょっとかなり聞き苦しいところがあるようなないような。ゆるして。
これで一つの区切りになったような気がしますね。今聴いてみると、割と悪くない気がする……かなあ……。

ジャケットはpixivにもupしましたのでよしなに。ところで自作のジャケットっていかがなものでしょうか。良い感じに作れてます?

あとあと、大昔に同作品を購入頂いた方、”購入した旨”と”頒布物に記載したパスワード”をご連絡頂ければ、無償でDLリンクをお知らせいたします。
ツイッターのDかメールでご連絡ください。

maruにならって、たまにはライナーノーツを書いてみます。

1.Awaking, Like the Moning-groly 2009.03
右端の数字が製作日。コレだけでビビリ上がっちゃいますね。
midiシーケンサである『DOMINO』を使って作曲をし始めたのが2007年10月なので、そんな時期の危険物です。取り扱いに甲種は必要です。
FL Studio買ったのがこの年の1月あたりだったかなあ。そこらへん考えると、割と良い音してますね。割と。

2.Dreaming, Like the Underwater 2010.03
母校の卒業式前日に徹夜して作った曲です。当日どうなったのかはお察しください。卒業式後の打ち上げでは朝までカラオケしてました。
今にしてみると中々ない作風ですね。そもそも4つ打ちって時点で激レアですよ。
xarva氏の”underwater sunset.”をパクオマージュしようとして、出来ねえよこんなのとか言ってた気がします。氏の音作りは鬼気迫るものがあるので皆聴こうな。

3.The Moment 2010.01
これも愛好会のCDに収録してもらったやつだなあ。完成直後に祖父が亡くなったため、そんなタイトルに。
存外、今でも通用する曲だなあと思います。シンプルにまとめると、長く聴けるものですね。sine波は正義。
何気に地元のローカルFMと美術館で流してもらったりしました。イェイ。

4.Discipline 2010.05
OBとして愛好会CDに収録していただいたやつですね。当時の会長は、今や泣く子も黙るsaqwzくんでした。八嶋おじさんも丁重に扱ってくれる良い子です。
これも珍しい作風してますね。サックス使ってこのメロディラインってどんな頭してたんだ当時。
こいつを書き出す際、いくつか音源を紛失していると判明したので、ちょっとだけ付け足したり置き換えています。vip版ってことでいいですか。

5.Clockwise Sunlight 2010.09
愛好会CD以下略。OBでしゃばりすぎじゃないかしら、って思い始めた時期です。
ずいぶん頑張ってブレイクビートしてますねえ、コレ。もはやオーパーツと化してます。今度、手直ししてDJに使おうかしら……。
たしかLU氏にNDK(日本ドラムンベース協会)への加入お誘いを受けたり、Atomic Sphere氏主宰の”plugout AE”の公募に凸った時期ですね。

6.Fullmetal Panacea 2011.01
愛以下略。
当時にしてはゴリゴリしてますね。きっとよいプラグインを見つけたのでしょう。うん。なんかあんまり思い入れが無いぞ。3連符のリズムパターンがかわいい子です。
※日付に誤りがあって、”2010.01″ではなく上記が正しいです。1年サバ読んじゃいかんでしょ。

7.Dawnscape, Goodbye (with one) 2011.10
one氏こと、京氏の楽曲をリミックスしたものです。懐かしいなあ。訳あって豊橋へ旅行した時の所感が篭っている、はず。
『いつか合作しましょう』というお言葉を頂いて、それを実現させた物ですね。BMS化もしているので、google先生に聞いてみてください。
※BMSパッケージの件は、もうちょっとだけ待ってください。

8.Blue Bird (feat.智) 2011.06
これこそ真のオーパーツであり、今もなおマイベストと言っていい楽曲です。
色々と粗いんですけれど、奇跡的な仕上がりになっているのではないでしょうか。エモい。
八嶋は本や絵画、漫画などの作品からインスピレーションを受けることが多いのですが、これはそのまま『幸せの青い鳥』です。
ボーカルの智氏、BMS版BGA担当のApollo Sampling Machine氏には頭が上がりません……A-1 2ndでの順位もキセキテキ。

9.Drown Memories (feat.AmaneKudoh) 2011.09
BOF2011の”I M A G I C O L O R”チーム用に製作した作品ですね。AmaneKudohさんって誰でしょう。
ポエトリーはちょっと大分稚拙ではありますが、なかなかに情熱を感じますね。俺がんばってた。
当時は若く、『”プラチナアリス”みたいなポエトリーが少ねえんだよBMSでやりてえ』という迸るパトスを抑え切れませんでした。
プレイヤーとしてあこがれていたzio氏、6666氏とチームを組めるという恐悦至極な体験でした。お二人のアドバイスや思想は今でも生かされています。

10.sigure 2012.09
ピアノの曲が作りたい→作ろうで生まれた子。それだけ。なかなかいいアンビエンスしてますね。
こう、左手の使い方ってどうすればいいんでしょうね。ピアノ練習した方がいいのかしら……。

11.Quelleiris 2012.02
BMSイベント”GENLE-SHUFFLE”のために生まれました。隙間の空いたブレイクビートがお気に入りです。
ピアノとフルートのアンサンブルっていいですよね。室内楽のコンサートには、機会があれば足しげく通ったりしています。いいものですよ。
電波が違くても受信してくれたmurotani氏のインプレに救われたおもひで。BMS版のBGAをチェックしよう。
ところで曲名は”Quelle”と”iris”をつなぎ合わせたドイツ語複合名詞です。『泉の菖蒲』という意味合い。『雨の日のアイリス』という小説を読もう。

12.Vermillion Rain (VIP) 2012.06
これまたBMSイベント”A-1 3rd”で初出の曲です。
CROSSBREEDを関してはいますが、今なら言えるこいつCROSSBREEDじゃない。でもお気に入りです。リズム隊とか、声ネタとか。
今考えると、A-1 3rdのあの面子でアベレージ4位って大健闘ですね……。

13.Seventh Sky (REWORK) 2012.03
今は昔、『ドコモカップ東北iアプリコンテスト』というものがありまして。それに提出するため、2009年の5月ころmidiで製作したものが原曲です。
友人がリーダーでありプログラマーでありデザイナーという超チート。曲と雑務で計3回お手伝いして、1位1位3位ってチートにもほどがある。懐かしいなあ。
楽曲としては、かなりオーケストラ風になっていますが、midi時代はこんなのばっかりでした。浜渦氏の影響が大きい作りになってますね。Besssenheitとか。
本格的にベースミュージックやり始めたのってFL買ってからだったりします。midiだと限界もあるし。

14.Night Wish (as rilym) 2012.09
BOF2012″the CROOKERs”でrilymに扮したものの案の定っていう作品。rilymのメロディラインとか真似できる訳がねえ。
シンプルな作りしてますね。アーメンが混ざってからのリズムパターンがお気に入りです。ラストのAm→Emの転調とか。シンプルがいいッ、とはJOJOの名言。

15.New Order 2013.05
〆切レ○プ! ”GENLE-SHUFFLE 2″遅刻勢と化した八嶋
というのはさておき、『ジャズからトランスへの曲調の移行』がonoken氏の狙いであり、『ジャズとトランスを融合した曲』が本質じゃあないと思うんですよ、アレ。
そういう解釈で作ったため、プログレッシブトランス風の音にjazzの要素をぶっこみつつ、前半後半の展開を意図的に分断したような作りにしています。
ジャズ部分は全部打ち込みで作ったのでだれかほめてください。

16.Inner Moment 2013.04
ドラムの打ち込みに疲れたころ、これを表題曲にしたCDを作りました。
今でも割と聞けるものですね。読書のBGMなんかにオススメできます。
こういうエモいPOST CLASSICALが好きなんですよ。OLAFUR ARNALDSとか。

17.Reflection Refraction 2013.04
“Inner Moment”が生まれるきっかけとなった楽曲です。
いつもの楽曲でもアンビエンスを重視していますが、これはかなり上手くいった部類じゃあないでしょうか。
プロジェクトを開いてみましたら、すげえ面倒なことばっかりやっていたようです。
普段はあまりやらないことを沢山した結果、だいぶ異質な仕上がりになったのではないでしょうか。DJで使ったときの箱鳴りも、結構良かった気がします。

18.abyss (as 音無彩名) 2013.09
BOF2013『全ての呪われた生と全ての祝福された生に捧げる』チームでの偽名作品。そろそろ『終ノ空』観にいきましょうねー。
何をどうしてこうなったのか殆ど覚えていない楽曲です。笑い声は結月ゆかり氏のEXボイス。ちょうかわいい。
Uttara-Kuruリスペクトというのは、イントロで分かる方もいらっしゃることかと盲信してます。

19.Teleportation 2013.06
ドラムマシンが好きです。でも5拍子はもっと好きです。
TRAPとjuke/footworkを知ったころに作ったやつだったかなあ。パパッと作ってしまったため、それほど思い出がありません。やっぱりかわいい子ではありますが。

20.Hyper Blue 2013.08
かのSDVX公募に出して落ちた作品です。音ゲーナイズしたつもりでも普段どおりじゃないか。
いつもより爽やかで展開に気を配っている素振り、なんだか就職活動でスーツを着て面接に行く感じがして初々しいですね。

21.Heartgreen (as 高森藍子) 2013.09
これまたBOF2013『あいこきらりらんこ』での偽名作品です。BOF2013は偽名でしか出てませんね。そしてFCUチームを落とすという大失態。ゆるして。
楽曲自体はキャラクターらしさを頑張って作りこんでいたようで、歌詞もいつになく直接的で前向きな表現を用いているようです。実は『おさんぽカメラ』よりもリリース早いんですよコレ。俺の勝ち! ね!
そうです、あのコがボクの畏敬する天使様です。みんなもPaPになろう。

22.My Sunlight -short edit- (feat.水螺) 2013.04
とある知人のノベルゲーOP曲として提供した、幻の作品です。先行公開と相成りました。
歌詞は作品を読んで書き下ろしたため、割と本編を匂わせられているのではないでしょうか。
とはいえ、流石に2年も前の曲になると、ちらほらと粗が見えますね。本編が公開されたら、long版を作りたいなあ。
部活の後輩であった水螺氏にボーカルをお願いしています。カラオケに行くと氏がだいたいボカロ曲、八嶋が凛として時雨でカオティックバイブスと化し耳の高音が鮮やかに刺されて死ぬ。
先日、DAMの精密採点で”Enigmatic Felling”の96点を取りました。うん、それだけ。

23.Psychorain 2013.08
色々あって未公開にしていた打ち込みロックです。流石に時効かなあ……と思いまして。すみません。
当時にしては、結構頑張って作られているのではないでしょうか。トレモロとリバーブを効かせたギターサウンドは正義ですね。
こう聴きなおすとトンでもねえCALISTA DIVINEオマージュだなあ。でも好きです。

超長くなりましたね。さすが23曲。
ライナーノーツ書くのって思ったより楽しいですねえ、割とそれぞれに思い出があるもんだなあとひしひし感じます。

あっ、そうそう。私事ですが、4月から八嶋も青森から首都圏にお引越しします。転勤です。
もう年6,7回も新幹線で往復する必要がなくなるんですね! という感想が浮かぶところに突っ込んではいけない。
そんな訳で、bandcampで購入していただけると八嶋の今後のご飯代になるので、何卒宜しくお願いします。



“Tha Moonlit”と”SPLIT vol.1″もbandcampで公開したほうがいいのかしら。
前者はフィジカル版も残り2枚しかないし、刷りなおすほど予算もないので……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です